あせらないで・・・「いつかできるさ」の気持ちが大切~子犬のトイレトレーニング

仔犬をお家に迎えて・・・皆さんが一番頑張ろうって思うのは「トイレトレーニング」。

確かに、これができない子になってしまうと一生大変そう・・・って思いますよね?

では、どうやって進めていくか・・・これは、いろんなやり方があって、

本やネットを調べると山ほど情報が出てきます~~。

統一して言えるのは、「褒めて育てる!!」そして、できなかった時は「無視~!」

そうそう・・・確かに、これが一番効果があると私も思っていますし、実際、おすすめしている

方法もこれを取り入れています。

でも、なかなか上手くいかない・・・そんな時、思い出してください。

「何でできないの?」「もう、4ヵ月になるのにあっちこっちしちゃう」

「こんなに頑張ってるのになんで覚えてくれないんだろう・・・」

こんなこと、言っちゃったり思っちゃったりしてませんか?

たぶん、この焦った気持ちがわんこに伝わってる・・・。

そうなんです!!わんこは感じてしまう生き物なんですよ!!

だから!!「そのうちできるはず!今は、ちょっと失敗に付き合ってあげよう」とか

「拭けば済むことだもんね!」「前よりちょっとましかなぁ~?」なんて、半ばあきらめ<?>にも

近いくらいの・・・。

でもこれが、かなりの効果を生むんです!!<もちろん、できたら褒めまくりは忘れずに!>

 

そして、月齢を重ねていくと自然に回数が少なくなり、間隔もあいてくる・・・・。

そうすると~~「あれ?最近おトイレの失敗の片づけあんまりしてない気がする・・・」なんて

感じになっていくのです。

これ、けっこう実例アリ!!

まずは、飼い主さんが深呼吸して「まあいっか!」って大きな声で言ってみてくださいね!

もちろん、わんこに伝わるように心を込めて・・・。

こころがこもってないと駄目ですよ!

初めに書いた通り、わんこは心が伝わってしまう生き物なのだということを思い出してください!!

きっときっと、できますよ!いつか<笑>

 

「わん子育て」はとにかく楽しく!が鉄則。楽しくなければ「究極のおうちわんこ」になれません。

心と心がつながってこその家族ですから・・・。

忘れちゃいけない事・・・わんこは、犬なのです。生き物なのです。

体調が悪い日もあります。気分が乗らない日もあります。

だから、失敗しちゃうこともあります。ご飯がちょっとしか食べれない日もあります。

いつもと違うのもあたりまえなんです。生き物なんですから!!

 

そう思ったら、気持ちが軽くなって「いつかできるさっ!」って思えますよね?