ブリーダーとしてのポッケの想い

ポッケはブリーダーとして自家繁殖に力を注いでいるペットショップです。

繁殖犬は、150頭以上、そして仔犬は常時70頭以上在舎しています。
私たちブリーダーは、毎日これだけの数のわんこ達と向き合っています。

朝、「おはよう」とお店のドアを開けたときから、「おやすみ、またあしたねっ」と声をかけて寝る時まで私たちブリーダーは、このわんこ達と共にいます。

これだけの数のわんこ達と向き合っているからこそ、私たちブリーダーは、わんこ達に日々数えられることがたくさんあり、もっともっとこのわんこ達の為にブリーダーとして勉強しなくては・・・という気持ちになるのです。

すべての犬の毎日の健康チェック。夜通しの出産介助・・・。
ブリーダーとして、わんこ達がどうしたら快適にすごせるのか?
ストレスや病気を回避してあげられるのか?

ブリーダー
ブリーダー

そんな事をいつも考えながら、わんこ達の目の色を見たり、うんちの状態をみたり、日々考え、手を抜かず、話すことの出来ないわんこたちの心の声を私たちブリーダーは聞く努力をしています。

私たちブリーダーは、わんこ達にプロフェッショナルにそだててもらっているのです。

仔犬わんこ達が、新しい家族に出会い本当の家族の一員になれた時、心からいい橋渡しのお仕事が出来たと、ただただ嬉しくなるのです。

そして、今日もポッケのブリーダー・スタッフは、一生お付き合いさせていただけるペットショップを心情にわんこ達と目と心で語り合っています。

ブリーダー

ポッケのブリーダーはわんこ達を本当に思いやる気持ちから、通信販売を行っておりません。
小さなわんこ達が、一番嫌いな事。それは、「一人ぼっち。」

一人ぼっちにされると、すぐにご飯が食べられなくなったり、お腹の調子をくずしたりしてしまいます。でも、時期が来れば、あんなに小さな身体でも母犬から離れ、兄弟から離れ、「ひとり立ち」という試練を乗り越えなければなりません。

それだけでも、小さなわんこ達にとってはすごい事なのに、もし遠くに運ばれて行くことになったら・・・箱の中に「一人ぼっち」で入れられて、大きな物音にビクビクし、箱が上下左右に揺すられて・・・。
そんな状況にあんな小さな親から離れたばかりの子供たちが耐えなければならないとすれば・・。辛いです・・・。

ブリーダー

ブリーダー

ポッケのブリーダー・スタッフは、日々、わんこ達と向き合っています。
わんこ達が頑張っている姿を見ています。

だから、私たちブリーダーはどうしてもわんこ達にとって苦痛に感じるようなことからは、少しでも遠ざけてあげたいのです。

私たちブリーダーがさせていただいているお仕事は、新しい家族を見つけていただく事。

「橋渡しのお仕事」です。

ですから、しっかりをわんこオーナーさまのお顔を見て、私たちブリーダーが大切に育てたわんこの性格や特徴など伝えられる事をすべてお伝えして、手から手にお渡ししたいのです。

「わんこの一生」がかかっているのですから、真剣です!

出産介助から離乳食、・・・わたしたちブリーダーが一生懸命お世話して、手塩にかけて育て上げた我が子同然のわんこたちですから、お客様への橋渡しの方法にもこだわります。

ブリーダー

ブリーダー

犬種で探す