マルチーズ 男の子 (クリストファー×泡雪) 次男

マルチーズは大人しくて賢く、とてもしつけのしやすい犬種です。
イキイキと軽快に動き回るその姿は活力に溢れ、周囲に元気を分けてくれます。
そのうえ落ち着いた面もあり、温厚であると同時に活発で遊び好きというその魅力が特徴となっています。

飼い主とは、愛情をもって付き合い、非常に従順です。 ただし、甘やかせることによって絆が強まりすぎると、排他的になってしまうので、仔犬のうちから一貫性をもってしつけることが大切です。

マルチーズ オス 新しい家族が決まりました

マルチーズ 男の子 (クリストファー×泡雪) 次男

8月3日 17:27 生まれ
男の子 85g(出生時体重)
毛色:ホワイト お父さん:クリストファー
お母さん:泡雪

マルチーズ オス 新しい家族が決まりました

マルチーズ 男の子 (クリストファー×泡雪) 長男

8月3日 16:56 生まれ
男の子 130g(出生時体重)
毛色:ホワイト お父さん:クリストファー
お母さん:泡雪

マルチーズの飼い方のコツ

マルチーズの性格

マルチーズは、陽気で明るい性格でありながら神経質な面も持ち合わせています。
子供との相性は比較的よいですが、賢く神経質のため、いたずらに可愛がると子供に対して攻撃的になることもあるようです。

上品で賢く、小型犬特有の騒がしい一面は持っていません。
飼い主にたいしては、深い愛情を示してくれ、一人暮らしの方にとっては最高のパートナーになってくれるでしょう。
また、小さいからといって臆病ではなく、大胆な性格をもっており、自分よりも大きい相手に対しても向かっていく勇気を持っています。

マルチーズの飼い方のコツ

運動量をそれほど必要とせず、短いお散歩や室内で遊ぶなどで充分ですから、室内で飼うことに適しています。
飼うときに注意すべき点は、被毛が長く、繊細なこと。
毛玉を防ぐためには毎日のブラッシングが必要となりますし、汚れを防ぐために顔の周りなどにラッピングをしてあげると良いでしょう。
ただし季節による換毛はしないので、抜け毛が少なく飼いやすい犬種であると言えます。
マルチーズの魅力である長く美しい被毛を維持するためには、トリミングなどのお手入れをまめにしてあげることが大切です。

また耳がたれている犬種ですので、耳掃除をまめにしてあげることも必要。
目やにを取り除いて、目のお手入れをしてあげることも必要です。

マルチーズ健康上の注意

涙がでやすい犬種であるため、目の周りの被毛が赤く変色する流涙症になりやすいようです。
流涙症とは目と鼻を結ぶ涙管が詰まったりすることで、涙が止まらなくなってしまう病気。
こまめに目の周りを拭くこと、症状がでたら早めに獣医の診察を受けることが重要となります。

マルチーズの歴史

マルチーズ(Maltese)の名称は、地中海のマルタ島発祥であることからきています。
その歴史は古く、古代フィニキア人の船乗りがマルタ島に持ち込んだ犬が元祖であるといわれ、マルチーズについての記述は紀元前300年頃の文献にはすでに記録されているそうです。

14世紀以降にフランスやイギリスなどに渡ると、マルチーズは上流階級のご婦人から「抱き犬」として愛されました。
その後、イギリスでショーに出品されるなどして、次第に庶民にも広がっていったようです。