仔犬を迎えたら・・・まずは気持ちを大きく持って!!

 

今日は、仔犬をお家に迎えた時の気持ちの持ち方について

お話ししようと思います。

仔犬を迎えようと決めて、お店を回ったりネットで検索したり

しているうちに、きっといろんな情報が頭に入ってくると思います。

例えば・・・店員さんのお話だったり、ネットの情報だったり・・・。

そこで、もしかしたら真逆のことを言われたり、間違った情報を聞いてしまったり

なんてこともあるかもしれません。

そして、何よりわんこを迎えると「ちゃんと育てなきゃ!」という緊張感や

「病気にならないかな?」という不安感が湧き出てくるのを皆さん体験されるようです。

そうすると、結構皆さんわんこを迎えた初日から頑張っちゃうんですよね〜!

「ちゃんとしてあげなきゃ!!」という風に〜〜

 

でも、わんこにとって新しいお家に行くということは、人生最大の試練を

味わうということになっちゃうんです。

ママ犬から離れ、環境も変わり・・・初めて飼われるお家だと他に

わんこの姿もなければ、匂いすらしません。

一気に寂しさと不安がわんこにだって押し寄せてるはずです。

 

だから、だいたいお家の環境に慣れて、飼い主さんを認識すると言われている

最初の1週間は、「まあ、元気ならいいかあ〜〜」くらいのおおらかな気持ちで

育ててほしいです。

おトイレができないと、残念がったり・・・甘噛みにこのまま噛む子になったらと

異常に心配したり・・・。

お散歩やご飯の時間をしっかり決めたり・・・せかしたり・・・。

 

まずは、お家や飼い主さんに一刻も早く慣れてもらうこと!これが、その後の

しつけと言われる訓練のやりやすさにもすっごく関係してきます。

 

では、どうするのか!!

まずは、最初の1週間は特に気を揉んだり、極端に心配したりしないこと。

心の様子は、ダイレクトにわんこに伝わります。

そうすると、ご飯が食べれなくなったり、元気が無くなったり・・・。

 

だから、まずはテンション高く慣れてもらうことに専念♡

 

「いつかはできるさっ!!」ぐらいの楽な気持ちでいると、それがわんこに伝わって

結局は早い段階で意思の疎通が取れ、おトイレも早くからできちゃって、

あんまり「たいへ〜ん^^;」って思わなくて子育て時期を終了できちゃうと思います!!

 

わんこは、本当に心の動きを読み取る天才!

だからこそ、心に余裕を持って楽しみながら「わん子育て」ができるといいですね〜

 

おトイレも、甘噛みも、ご飯の食べ残しもぜ〜んぶ意味があってわんこはやっています。

そこをしっかり心の目で汲み取ってあげれば絶対大丈夫♡

 

「まあいっか!」「そのうちできるよね」を口に出して言ってみましょう〜〜